« 23年新ソバ情報 | トップページ | 常陸秋そばフェスティバル2011 »

新そばの放射能検査結果は【検出せず】

蕎麦の収穫がやや半分になってきました。

今年一番に刈った秋そばの放射能物質分析検査に出していましたが、2日に「検出せず」の報告を受け、昨日その報告書が届けられました。

これでひとまず、安心して販売することが出来ます。

101106012_2   

今年は「農業戸別所得補償」の対象になるため、交付金を受けるために穀物検査もしなくてはなりません。
検査を受けるためには検査袋に入れなければならず、また弊社のように検査後集配業者に出荷ではなく直売をするため持ち帰りとなると違約金が手数料に加算されるという思いもよらない出費。(な~んかこれが世に言う天下りへの出資かな~~?という疑いがぬぐいきれませんが・・・・)
そして等級も、そば業界の望む玄蕎麦だと2等・3等の印になる可能性があります。穀物検査基準と客が望むそばに違いがあると言うことです。

今年は何かとめんどうなことが多いですが、そば自体の出来は悪くないようです。
今日はこれから味見をしてみたいと思ってます。                          

« 23年新ソバ情報 | トップページ | 常陸秋そばフェスティバル2011 »

農作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177897/53177268

この記事へのトラックバック一覧です: 新そばの放射能検査結果は【検出せず】:

« 23年新ソバ情報 | トップページ | 常陸秋そばフェスティバル2011 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ