« 常陸秋そばフェスティバル | トップページ | 笠間のそば »

笠間稲荷・新嘗祭

先日私達が皇居まで行って献穀してきた粟は、11月23日の宮中の行事「新嘗祭」で使われました。

同じこの日、各地の神社でも「新嘗祭」というのは執り行われ、茨城では笠間稲荷神社でもあり、ちょっと出かけてきました。

247 稲荷神社の入り口にあるモニュメント。あのTVでもよく見る假屋崎先生の作品だそうです。

じつはこちら笠間にもお米を献穀してました。

235

JAからの依頼を受けて、こっちは粟ほど気を使わなくていいからというので簡単な選別しかしないで出したのですが、後で品評会があるときかされ、だったらもっとよく選別したのに~と悔やみました。同じ生産者の知人が4位入賞というのでよく話を聞いたら念入りに選別したとか・・・なんか話と条件が平等じゃあないよな~とちょっと不満。

236 237

献上された穀類と繭はこうして一般の方も見られるように展示してありました。

この日はちょうど菊まつりの最終日で、見頃とはいきませんがそれでもとてもきれいな「天地人」の菊人形や展示物を見てきました。

234 241239

献穀したお礼に、お札と落雁、お赤飯などをいただいて帰ってきました。 

« 常陸秋そばフェスティバル | トップページ | 笠間のそば »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠間稲荷・新嘗祭:

« 常陸秋そばフェスティバル | トップページ | 笠間のそば »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ