« イモ掘り終わって・・ | トップページ | 伊豆へ行って来ました~【食事編】 »

伊豆へ行って来ました~【道路編】

 地震が起きる2日前、8~9日(土・日)にいつもの芋掘り隊メンバーと慰労会を兼ねた1泊旅をしてきました。8人の予定が、急きょ2人行けなくなって6人になってしまいましたが、なかなか良い旅をしてきました。

 いろいろお土産話はありますが・・・今日はひとまず道路編と言うことで、行き帰りの道路状況を中心のお話を・・

 ちょうど土日のETC1000円の割引期間と夏休み(お盆休み)も加わって、行く前から高速渋滞は覚悟していましたので、なるべく海沿いは行かず、出来れば都内も通らず行ければな~と思い、遠回りでも富士山付近のコースをとりました。

行きのコースは、圏央道川島IC→八王子JCT→中央道大月JCT→富士吉田→富士五湖道路→御殿場→箱根スカイライン→芦ノ湖スカイライン→熱海峠→熱海市街→上多賀→伊豆スカイライン→伊豆高原→R135熱川→伊東

 ネットのクチコミで、早朝出発で早ければそれだけ渋滞回避できるということもあったので自宅出発は朝5時。でもいろいろ準備しているうち30分くらい過ぎたかな?

 行きは圏央道から。茨城まで開通していればICまで5分とかからないのに・・・・今回は開通している一番近いインター川島ICまで、途中コンビニで朝食を買いながら約1時間かけて行きました。

圏央道にのると、渋滞の表示が?・・と思いきや鶴ヶ島JCTから関越道の渋滞表示でしたホッ

圏央道は楽々スイスイでした。が、中央道との合流の八王子JCTに近づくと予想どおり赤いテールランプが見えちょっと渋滞この先は渋滞の名所「小仏トンネル」だしな~。しかし合流で混んでるものの車が完全に止まってしまうことはなく、ゆっくりながらも先へ先へと進んでいきました。相模湖を抜けたあたりからは徐々に速度が上がりその後は渋滞することなく進み、絶対この辺で渋滞で1時間はかかるだろうと見ていた私達はちょっと拍子抜け。でも途中もパーキングはだいぶ混んでるようでした。

大月から河口湖へ向かうと前方に富士山と富士急ハイランドの絶叫マシン郡が見えてきました。が、まだ開園時間でないらしく、動くマシンの姿は見られず。残念

富士へ向かう反対車線の渋滞を横目に御殿場入り、そこから箱根スカイライン、芦ノ湖スカイラインと有料道路コースを・・。バイクや車の、いわゆる走り屋?・・が何度も行き来するくらい走りやすくて魅力的な道路なのでしょう。この日も数台の車やバイクが行ったり来たりと走り回っておりました。

富士山あたりからとてもいい天気になり、残念ながら富士山は恥ずかしがって雲をまとってしまいましたが三国峠からは富士の裾野と反対側に箱根の芦ノ湖・大涌谷を見ることが出来ました。

往路は中央道で大渋滞にはまる予想が見事にハズレ、なんと家から十国峠まで5時間かからずに来てしまいました。

予定より早くついたので、翌日立ち寄る予定だった熱海の「多賀」で昼食を食べることも出来ましたし、ちょっと足を伸ばして熱川のバナナワニ園を見学したりも出来ました。

熱川から伊東のホテルまで、海を見ながら走れるのですが、伊豆高原あたりから国道沿いは渋滞しているので、大室山から山沿いを抜けて伊東市内へと入っていきました。

さて翌日は、お土産を買うため先ず、伊東の道の駅へ。そこでお土産買って、伊豆高原へ向かおうと海沿いを向かうと、左側にずらっと海の家への客呼び。高校生のアルバイトやら海の家のオッちゃんやら、みんな見事に真っ黒に焼けて一瞬日本人に見えないくらいでした。でも今がお客のかき入れ時。みんな頑張ってたな~

大室山付近で遊んだあと、いざ帰路へ。さてここでどこを通って帰るか悩みました。最短は小田原厚木から東名・首都高なんですが・・・ケイタイで渋滞状況確認するととうぜん東名も渋滞。首都高も中央環状で渋滞しそう・・でも山道は時間がかかる。同じ時間かけるなら動いているほうがいいか・・ということで次のコースを選びました。

伊豆スカイライン冷川IC→熱海峠→芦ノ湖スカイライン→箱根スカイライン→御殿場→山中湖→R413道志道→中央道相模湖IC→八王子JCT→圏央道→川島IC

139

伊豆スカイラインはもうスイスイ、途中では焼津の街並みや海岸線、ちょっと顔出した富士山など眺めのよいところも通りました。芦ノ湖スカイラインでは道路の音がヘン?と思ったらメロディ道路だったんですね。誰も知らなかったので突然通過したときの音に感心しました。

御殿場では少し混みましたが、山中湖へ入ったときは楽々。もう日も落ち始める頃だったのでわりと静かで、合宿などに来ている学生達の姿ばかりが目につきました。

山中湖から道志道に入るとほとんど対向車とすれ違わなくなりました。いろんな方がここは抜け道だと言うのがわかります。ほとんどが山間の道路なので狭い山道もありますが、わりと広く走りよい道路でした。途中には道の駅もあったり、九割ソバの食べられるところもあって、ウ~~ンここは秋にもう一度尋ねたい場所ですね。(紅葉もきっと良いでしょう)

地図を便りにくねくねと山道を行くと、やっと中央道の相模湖ICまでつきました。ここはまた渋滞だろうけど八王子JCTまでの十数キロだからいいかと思い、ここから中央道へ。しかしこれもまた思ったほどの渋滞ではなく、ゆっくり流れていけばトンネル抜けた頃には渋滞は解消されました。そこからはもう家までは予定のコース。

復路は山道の一般道で距離もあったので、7時間はかかりました。けれど都内を通るときのような動かない渋滞にはならず、常に動いていられたし、途中何度も休憩入れられたのでまあまあよかったかなと思いました。

一緒に行った仲間達が、対向車線を来る車の車種をあてるゲームなんかやっていたのがわりと楽しく、これがドライブ旅を飽きさせずみんなで楽しみながら来たのが疲れずに帰れた理由かなと思います。

欲を言えば、圏央道が我が家の近く・境まで延びてくれればもっと楽でしたがね・・。(予定ではあと数年後に開通するらしいですが・・)

今回海の近くへ行ったのに、海の近くを通ったのはほんのわずかで、ほとんどが山道でした。これがあと2日後だったら・・(台風や地震が・・)と思うとちょっと怖かったりしますが、けっこう眺めのよいところを通ってきたので、私はお薦めの道路(コース)だと思います。特にネットのクチコミにもあったように、R413の道志道、これは使えると思いました。

« イモ掘り終わって・・ | トップページ | 伊豆へ行って来ました~【食事編】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆へ行って来ました~【道路編】:

« イモ掘り終わって・・ | トップページ | 伊豆へ行って来ました~【食事編】 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ