あれから10年

大変久しぶりの書き込みです。

忙しさにかまけてブログほったらかしのまま3年たってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ

今日は表題のとおり「あれから10年」、今日は特別の日ですのでちょっと10年前を振り返ります。

10年前の今日、2021年の今日と同じように晴れて春めいた穏やかな日でした。

私たちは今日と同じようにジャガイモの植え付け作業をしてました。

私は高校の卒業式を終えて進学までの日々を送る娘たちと種イモ切りをしていて、そろそろ15時の休憩でも・・

・・とお茶の準備をしようと思ってところに突然地震!作業をしてたビニールハウスが大きく揺れ尋常じゃない大きさ。

外へ出ると家の瓦が落ちる、電柱が折れるのではと思うくらいの揺れ。

従業員の車のセキュリティが作動してブザーが鳴りどおし、とにかく一瞬でえらい騒ぎでした。

植付作業していたスタッフもトラクターは暴れる、田畑は波打つようだったと後から聞きました。

それからすぐ停電が起き、現場から帰るスタッフたちは信号機が消えていて交差点通過が怖かったと。

待っている方も電話が通じなくて無事の確認ができなくて大変でした。

当方は関東の内陸部ですので、物品破損はあっても人的被害はありませんでした。

それでもそれからの生活等は大変でしたね。

まず停電で、地震当日は家に入るのが怖くて一晩車中泊。その中で見たテレビに映ったのは津波の情報でした。

電気のありがたさを知ったのもこの時でした。

そしてガソリン不足、原発の事故、計画停電、物流の停滞、田んぼのパイプラインが破損して田植えが一か月遅れたりもしました。

私的には娘が進学で一人暮らししようという時で、その準備もままならず、結局入学式がひと月遅れになりました。

きっと娘も一生忘れることはないでしょう。

それから茨城の農産物は放射能問題を抱えることに・・。毎年のように出荷物の放射能検査をするようになりました。

当時、ネットでは消費者から生産者に心無いことを言われたりしました。

「首都圏の被災地のの産物は買いません」「風評ではなく汚染です」「消費者は被害者だ 農家は加害者になりたいのか」

消費者にとっては不安からくる当然の意見だったかもしれませんが、1年の苦労を拒否された農家側はつらかったです。

あれから・・10年過ぎました。

地震から5年後には川の堤防が切れる水害もありました。

昨年からはコロナウィルスによる自粛生活。

つい先日は10年前を思い出されるような揺れの地震。数時間でしたが再び停電が。

少しづついろんな教訓を得てはきてますが、自然災害・・ほんとに避けようのないいつ来るともわからない災害に人間はほんとに微力だと思います。

でもとにかく前を向き頑張ること、人とのつながり、絆は大事だなと思うのはこの10年で特に感じました。

 

皆さんが過ごしたこの10年はどんな感じでしたか?

ひさしぶりに・・・

 ブログ書き込み、だいぶお久しぶりです。
ホームページサービスサイトの変更に伴い会社のホームページもリニューアルしました。
これまでHPビルダーで作成していましたが、サービスサイトのテンプレート利用で作成しました。ビルダーと比べて勝手が違うのでなかなか手惑いましたが出来はいかがなものでしょうか?

 とっても寒かった今年の冬ですが、春は早々と訪れ、桜もあっという間に終わってしまいましたね。茨城もネモフィラで有名なひたちなかではすでに花見頃で例年見頃のGWには見ごろが過ぎてしまうようです。

Dsc_0216_5

Dsc_0197
 先日所要で常陸大宮まで出かけた帰りに、石岡にある「常陸風土記の丘」で枝垂桜を見てきました。昨年4月下旬に八重桜を見に行ったのですが、この日はちょうど枝垂桜が見ごろでした。

Assyuku_dsc_0202_2







夕刻でライトアップ直前なので少し写りがよくないですが、結婚式の前撮りしているカップルなんかいましたね。

 常陸大宮では、まだ新しい道の駅でそばをいただきました。
Dsc_0178

ここは常陸秋そばの本場です。レストランでは日替わりでそば打ち名人が打ってくれたそばが味わえます。天ぷらもサックサクの揚げたてで、常陸秋そば生産者で日頃手打ちそばを食べている私たちも満足のいくとってもおいしいおそばでした。
道の駅もとても大きくてきれいなところなので、この方面へ行かれたらぜひ立ち寄ってみてください。

常陸秋そばフェスティバル2011

常陸秋そばの故郷でもある、常陸太田市で毎年この時期に催される「常陸秋そばフェスティバル」に昨日行ってきました。

今年は震災の影響で、例年使用している施設が使えないこともあったようで、近くにある工業団地の敷地内に場所を変えて行われたのですが・・・
主催する側も、出店した団体も、お客さんも・・とにかくみんないつもと違う初めての試みのことなのでとまどいが隠せないようでした。

Dscf06571 ご覧のとおり、今年は工業団地内の道路の一部を進入禁止にして、テントを道路沿いに一直線に並べた形となりました。

詳しい状況は、行かれた方のブログなどで紹介されているので私は詳しく書きませんが、皆さん共通して言われていたのは駐車場不足と大渋滞。
今日の新聞の記事にもなりましたが、国道から会場まで大渋滞で、苦情もあったようですね。

今回は、めざましTVで紹介されたり 昨日はNHKの朝に会場から中継があったようで、天気もよく行楽日和でしたから出かけられた方も多かったのでしょう。
県北はちょうど紅葉の見頃となってますので、ドライブがてら立ち寄ろうと思った方もいたようです。

私達はお昼頃までに行ければいいと思いのんびり出かけたのですが、工業団地内までは渋滞知らずで行けました。
県西から向かうので、北関東道(桜川筑西IC)から行こうと思ったのですが、天気もいいし、同日水戸でもB級グルメの催しがあるので高速も混むかなと思い、笠間から広域農道『ビーフライン』を使って行くことに・・(この道路を使うと笠間から常陸大宮までほぼ一直線なのです)

結果的にこのコースが正解だったようです。
この道路アップダウンのある山道ですが車幅もあるしほどよいカーブもあり車の量も少ないので楽しめる道です。ツーリングのバイクを多数見かけたことにも納得できます。

途中、城里町の物産センターに立ち寄って休憩・・・・だけのつもりでしたがなんとこの物産センター品数が豊富で、野菜やら果物やらスイーツやらお肉・ハムまで農産物の数々がたくさんあって思わずショッピングしてしまいました。数が多いだけじゃなくて品物も新鮮でしたよ。ここではおそばも食べられるようです。

地図にはあまり大きく書かれてないので気づかれないのかもしれませんが・・天気のいい日はこのコースはおすすめだと思いました。(途中気になるおそば屋さんも何軒かアリです)

・・・で話をもどします。
そばフェスティバルの会場へは常陸大宮駅の方から久慈川の橋を渡り工業団地の北のほうへ回って行ったのですが、団地の入口当たりから渋滞が始まり、会場近くなるほど路駐が多くなり、駐車場まであと200mほどの所で完全ストップ。
あまりの渋滞で苦情が来たためか、主催者側の案内で私達は路駐OKの所に案内してもらい駐車。会場はそこから歩いて5分ほどでした。
駐車場となっていた敷地を見ると区画造成地の所を整理した臨時駐車場のようなもので、前日の雨で足元はだいぶ悪くなっているようでした。用意していた敷地も全部使えないようで中で重機が動いているのも見えました。それ見た私達はこっちまで来なくてよかったかも・・と思ってしまいました。県のHPで事前情報があって今回の会場へのアクセス動画もありましたが、その紹介動画で駐車場予定地を見たときこれだけの所で収まるのかなと思いましたが・・予想的中でした。
この駐車場関係は主催者側も昨日1日で考えたのでしょうね。今日行った知人によると今日は渋滞はそれほどでなかったようです。そのかわり会場内は人だかりとなりどこのそばを食べるにも長蛇の列でなかなか食べられないと言うお話でした。

さてさて、肝心のおそばの味は・・感想は人それぞれでしょうが・・常陸秋そば生産者である私達が納得できる味のおそばには残念ながら出会えませんでした
「お前らどんなそばなら納得できるんだい」と言われそうですが・・そばの苦みとえぐみは新そばと称されて出されたそばの苦みとちょっと違うと思うんですよね~・・で・・穀物であるそばは甘味を感じられると思うんですが・・昨日のそばは苦みばかりが残るような気がして~~~『う~~ん~あんまし上手くない・・』と相方が独り言で言ったつもりが、隣の席に着いた人の耳に入り『これから食べるのにそんなこと言わないで~~』と言われてしまいましたあの方達あれから食べてどう感じたでしょうか?

まあ~私達はじめからそば食べるために行ったわけではなく、道具を見に行くのが目的で行ったのであまり期待はしてませんでしたけどね。

それと私達見るところも普通の方達と違ってて、そばを打ったり食券売ったりしているところの足元にある袋や段ボール箱を見てました。こういうのって使っている材料の仕入れ先のものだったりするのでその店がどこから仕入れているかわかっちゃうんですよね。
今回も人気の高橋さんのいる達磨の所には案の定見覚えのあるデザインの箱がありました。(私達と同じ古河産のものです)
すごいマニアックかもしれませんが・・こんなところ見ながら歩くのも面白いかもしれません。

さて、では来週は日光にでも行ってみますか~~

新そばの放射能検査結果は【検出せず】

蕎麦の収穫がやや半分になってきました。

今年一番に刈った秋そばの放射能物質分析検査に出していましたが、2日に「検出せず」の報告を受け、昨日その報告書が届けられました。

これでひとまず、安心して販売することが出来ます。

101106012_2   

今年は「農業戸別所得補償」の対象になるため、交付金を受けるために穀物検査もしなくてはなりません。
検査を受けるためには検査袋に入れなければならず、また弊社のように検査後集配業者に出荷ではなく直売をするため持ち帰りとなると違約金が手数料に加算されるという思いもよらない出費。(な~んかこれが世に言う天下りへの出資かな~~?という疑いがぬぐいきれませんが・・・・)
そして等級も、そば業界の望む玄蕎麦だと2等・3等の印になる可能性があります。穀物検査基準と客が望むそばに違いがあると言うことです。

今年は何かとめんどうなことが多いですが、そば自体の出来は悪くないようです。
今日はこれから味見をしてみたいと思ってます。                          

23年新ソバ情報

ご無沙汰してます・・・なるべく書こうと思ってたのですが・・いろいろと~行事等が・・

そろそろ「新そばはいつ~~?」と言う質問が多くなってきましたので、荒川アグリの最新ソバ情報です。

Dscf0616 9月8日ごろは1mほど伸びた茎に真っ白な花が見頃になっていました。

Dscf0622・・が、台風により茎が倒され、1mあった背丈がいっきに数十センチに・・

しかしその後茎が起きあがり、なんとか持ちこたえてくれました。

Dscf0635 Dscf0627 

ヨトウムシなどの害虫被害が見られるようになったため、10月はBT剤を散布。

(BT剤とは葉を食べる虫だけに効く、人畜に安全性の高い殺虫剤で、そばに適合した薬剤です)

しかし今年は益虫が少なかったのか、天気の影響か、例年より結実率が低いように思われます。
Dscf0645 成熟もいつもより遅れているようで、先週末で黒化率は50%ほどでした。

ただ徐々に葉が黄化し始めていますので、今後の天気しだいで成熟もいっきに進んでいくだろうと思います。

Dscf0653

10月24日現在はこんな具合になっています。

今年はお米同様、放射能検査を行います。自治体でも検査されますが、荒川アグリ独自でも検査を依頼します。検査結果が発表されるまでは販売を控えさせていただきますので、新そばをお待ちの方・・ご了承願います。

本格的な収穫作業は11月に入ってしまうかもしれません。

«放射性物質・・検出されず

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ