« ポテチのパッケージに・・ | トップページ | 生産地限定ポテトチップスついに発売!! »

関口知宏の中国鉄道大紀行

私が今一番ハマッテルTV番組です。

これは、俳優の関口知宏さんが中国全土の鉄道を一筆書きで最長約36,000kmを乗りつくしていこうという番組で、これを半分に分けて春と秋に旅しようと言うことでいま春編が放送されてます。それもあと1週間でゴール地の西安にいよいよたどり着きます。

もともとこのシリーズは、04年の日本JR路線を一筆書きで旅する最長片道切符の旅から始まり、全線乗りつくしから世界へと広がっていったものです。旅番組が好きな私は鉄道旅が始まると聞いて最長片道切符の頃からたまに見てましたが、はじめは全国旅が楽しみで見ていたのがいつしか旅人関口さん(せっきー)の飾らない人柄と多彩な才能に魅了されていきました。たぶんこの一連の旅番組を見てそう感じてファンになっていった人は多いと思います。

この関口知宏さんという人、言わずと知れたTV司会でおなじみの関口宏さんと西田佐知子さんのご子息です。デビューしたての頃はNHKの朝の連ドラに出てたり、私も好きだったあぶデカ(あぶない刑事:館ひろし・柴田恭平主演)の映画にも出てたのでちょっとは知ってました。歯磨き粉のCMにも出てましたね~。その後NHKの昼の番組「スタジオパークから・・・」で司会もしてたので気さくなおしゃべりをする人だな~とは思ってましたが、あくまで脇役に徹してたので本人の魅力まではわかりませんでした。ところがこの鉄旅をきっかけに関口さんが主役となり、そこで見せた旅人の素顔にビックリ。老若男女誰にでも気兼ねなく話しかけていく姿や言葉の端々に見え隠れする優しさ、毎日描く絵日記のすばらしさ、作曲という癒しを感じる旋律を作り上げる才能。いままでまったく知り得なかった彼の姿に驚きもあり尊敬もあり、何より素のまんまの人柄がとても好きになりました。

これまでの旅でもそうなんですが、関口さんはいわゆる有名な観光名所という所には行きたいという気持ちがそれほどなく、(かといって行かないわけではないですが)どちらかというとふらっと脇道に入り偶然起こりうる出会いとか出来事を楽しんでいるという感じが多いです。けれどもそれがとてもリアルで番組の中でとても輝くシーンにかわっていくのは、関口さんのなせる技なのでしょうか?関口さんはTV番組ということを考えながらも自分の行きたい方向や興味を抱いたもものへと進んで行ってるだけなのかもしれませんが、見ている私達には他の旅番組のような創られた旅ではなくドキュメンタリーを見ている感じでそれがまたこの番組の魅力になっているのかもしれません。二枚目俳優なのに寝起きの寝癖頭で登場したり、パンツ1枚になって海に飛び込んだり、子供達と本気で遊んだり、とにかくその行動が見てる私達を楽しませてくれていることは確かです。

今回の中国でもその期待にはずれることなく、関口流に旅中はいろんなことがあり、いろんな出会いがありました。これまで絵だとか作曲だとかの才能を見せてくれてましたが、今回はさらに「書」という才能も見せていただきました。また本人が短期留学の旅と言っているように、まったく話せなかった中国語もこれまでの旅の中でだいぶうまくなってきていますね。簡単な会話程度は出来るようです。旅前に今回は絵日記を書かない・・というようなことを言ってたのですが、結局また描いてるようです。出会っていく人々も個性的で・・けれどもホントに庶民的だったりスゴイ人だったりいろんな人達とのふれあいもまたこの旅の見所ともなりました。

私達が抱く中国の印象ってたぶんTVとかで見たり聞いたりすることだけで勝手に思い描いているところがあるようで、日本人としてはちょっと身構えしてしまうような印象も正直言ってありました。けれどもこの旅で出会う人々は日本人と何ら変わりないし、いい人達もたくさんいるんですね。新しい時代へと発展していこうとしている部分と古き時代のしきたりだとか伝統を大事にしている部分と、TVを通してそこで暮らす大陸の人々のすばらしさもこの番組では伝えてくれています。もちろん長い旅の間にはいろんな人や出来事もあり、番組的に映像に出来ないことも多少はあったのじゃあないかなとは思うのですが、でも正直な関口さんから受け取れる表情にはそれ以上に日本では得られない宝物を手にしたような感じが伺えます。

この冬研修で中国行った主人達の土産話でもいろいろ聞きましたが、見た目は一昔前の日本なんですよね。番組中、偶然出会った家族と墓参りに同行した関口さんですが、先祖の墓石前で爆竹をならし、いけにえのニワトリさんが生き物から食べ物に変わっていく姿を目の当たりにします。日本ではショッキングな場面といわれますが、現地の子供達はそれがごく当たり前にキャーでもなく目をそらすでもなく一部始終を見ているわけです。でもそれを一緒にちゃんと見ていた関口さんも偉いなと思いましたよ。そしてちゃんと理解していた。そう、一昔前の日本もそうでした。私達が子供の頃は田舎ではそれが当たり前でした。今は生き物と食べ物の境目をつくってしまったからか食べ物は命だと言うことが子供達には理解できないのかなと思いました。それがわからないから命の大切さがわからないのかなあ?

とにかく、そんないろんな場面を見せてくれるこの中国旅。関口さんのおかげで中国という国に少し興味がもてるようになりました。どんなことでも「知る」ということはその世界を広げてくれるものだとも感じました。日本にはないすごいことが世界にはあるし、世界を知ることで自分の国日本がどれだけすばらしいかもわかるのだと思います。

こうして毎日「せっきー」をTVで見ているせいか、このまえ変な夢を見ちゃいました。私はせっきーと一緒にスタッフのような仕事をしていて友人関係程度の仲なんですが、仕事中近寄ったはずみに思わずKissをしてしまったのです。{乙女漫画チック}しかもKissしながら(主人にゴメンナサイ!でも主人も好きだしどっちも好きだしどうしよう~~)て考えてるんです。な~んでこんな夢見ちゃったのか今でも不思議です。だって、今までそういう対象でせっきーを見てはいなかったんだけどな~~潜在意識か・・それが私の正直な気持ちだったのか・・(ちょっとした浮気心?!)以来TV見てるのがなんか気恥ずかしくなっちゃいました。年甲斐もなく久しぶりにドキドキ感を味わってます。でも本人に会うことは絶対ないでしょうから気絶することはないですね。まあちょっと気が向いて我が家の芋掘りやそば打ち体験なんか来てくれたらうれしいな~とは思いますが、まあそんなことは一生涯ないでしょう。せめてHPくらい見てくれてたらいいんだけど~~・・(o^^o)

最後にしまりない発言で申し訳ありません。

|

« ポテチのパッケージに・・ | トップページ | 生産地限定ポテトチップスついに発売!! »

関口知宏」カテゴリの記事

コメント

大丈夫です、関口さんは結構マメにHPをチェックしに来てますからぁ(笑)
あ、こんにちは(^^ヾ。ブログも書いていらっしゃって思わず来てしまいました(__)。

私もこの旅番組を通じて関口さんのファンになったひとりですが、
観れば観るほどその魅力に惹かれてしまいましたですね~(^-^)。
中国の旅でもイロイロ楽しませていただきました♪

あれからまだ一度も夢には出てきません(笑)

投稿: すさずま | 2007年6月16日 (土) 17時24分

まさか、すさずまさんが来てくれるとは思いませんでした。
いつもはBBSでお世話になってます。
せっきーファンに圧倒されてはじめは書込み躊躇してたんですが、いざ突入してみると皆さんせっきー似のやさしい方達ばかりでホッとしました。これからもよろしくお願いしますね。
ここへ来るまでなんか迷路みたいなHPだったでしょう?

そうですか?関口さんチェック入れてますかね?
だったら「掘りたてのジャガイモあげるから来月おいで~~!」て言いたいですねえ(^_-)

PS:私もあれから全然夢見てません。

投稿: 亜季良 | 2007年6月16日 (土) 21時55分

ラブコールを繰り返せばきっと・・・(笑)
んまあ夢は持ち続けるコトって大切なことですから(^^ヾ。

迷路みたいって・・・ねぇ(爆)
んでもなかなか見ごたえあるHPで感心しておりますです。
これから忙しい最中になるでしょうけれども、
これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね(^-^)。

投稿: すさずま | 2007年6月17日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関口知宏の中国鉄道大紀行:

« ポテチのパッケージに・・ | トップページ | 生産地限定ポテトチップスついに発売!! »