« 結婚記念日 | トップページ | White Nights »

ポテトチップス工場見学

Calbeefuryo 先週半ばの14日、ジャガイモの契約先であるカルビーの研修に行ってきました。

場所は宇都宮で、近くにあるかっぱえびせんやシリアルなどを作っている工場では見学コースが出来ていて申し込めば一般の方でも見られるのですが、私達の行くポテトチップスの新宇都宮工場では契約生産者や食育関係などの許可された限られた人達しか入れません。その理由は衛生面とか企業秘密とかもあるのでしょうが、私達生産者が行く目的は生産サインにおいてどのようなイモが良品でどんな不良イモが困るのかを理解してもらい、生産に気を使ってもらいたいという会社の目的もあるようです。でも私達も普通だったら工場内など滅多に見られませんから楽しんでいるところもありますね。直接社員が働く場所に入るため人数も多く入れないので、私達の行った日は午前の部で我が県西ポテト生産者10名と他産地の3名でした。

ミーティング室で会社や生産の概要をビデオを交えて簡単に説明を受けた後、いよいよ工場内へ。しかし、そう簡単には入れてくれません。目の前におかれた白い不織布などの一式。それを身につけないと入れないのです。まず、不織布のフードのついたツナギを着用。次に不織布の帽子(ヘアキャップ)、髪の毛を出さないようにバンダナ。工場内は音が大きくこのツナギを着たりして説明の声が聞こえないのでトランシーバーのような機械を首から提げてイヤホンをつけます。それをつけたら今度はマスク。両手首、足首にはゴムのサポーターのようなものを付け、この時点で身体から露出しているのは目のまわりと手だけになります。通気性はいいのかもしれませんが熱はこもるので、この姿はけっこう暑いのです。着用前に身につけるもの(着用している服は別ですよ・・・)は一切とることになっており、ペンやケータイやアクセサリー等全てとってくださいといわれます。とはいっても女の人には抜けない指輪とかマニキュアとかあるのですが、その人はあとで手袋をさせられます。

最初の見学はイモを搬入して泥を洗い落とすところへ。ちょうど北海道の貯蔵イモと九州産の新じゃがが入っていました。北海道は最終だそうでイモから芽がもやしのように伸びてました。そしていざ工場の内部へ。ここで靴を履いたままくるむ不織布のカバーを渡され足(靴)にくるみ、中に入る前に粘着ローラーで身体をコロコロ、手を洗って消毒水をつけて靴を脱いで靴下で粘着マットの上を歩いて再び靴を履き、最終チェックのオバチャンからきびしいチェックを受けやっとGO-。

次に見たところはトリミング。私達が選別したものを再選別といった感じのところで、洗って皮を落としたイモを人の目で不良品を選別して大きいのは二つに切ってました。製品によっても選別も違って、皮や目、キズ等包丁できれいに取り除くラインもありました。

次に調理するところ。ここに入る前にはエアシャワーを浴びます。そして中に入って製造ラインを見ると、イモがスライスされて油で揚げられ、コンピューターによって不良チップスの選別をしています。実際チップスになるところでもあり見ていておもしろいところもあるのですが、何しろ熱を使っているので工場内は暑かったです。私達が行ったときはちょうど普通のチップスと期間限定製品が製造されたました。

次は味付けと袋詰め。最もゴミの混入に気を使っているところなのでここでも再度粘着ローラーの登場。いろんな味が混じってにおいは微妙な感じ。味を付けて量を計って袋詰めと全てコンピューターで制御されていますが見ていて飽きないです。ちょうどW杯サッカーのチップスが袋詰めされてました。通常のチップス以外に、さやえんどう、サッポロポテトベジタブルとバーベキュー、夏限定梅じそポテト。でもチェックはきびしく、重量が合わないとか袋の密閉が不良だったりしたものははじかれ(まああたりまえですが)それらは捨てられるそうですがもったいない~と思ってしまいました。だって中身は全然大丈夫じゃあない~と・・。でも食品工場というのはきびしく行かないとダメなんですね。ちょっとでも異物が見つかった場合はその日の製造分は全て廃棄となるそうです。

ミーティング室に戻り、ツナギやマスクを外したとき、みんなが暑さから解放されたホッとした顔になってました。ちょうどお昼時となり用意されたお弁当を食べながら、工場出来たてのチップス始めスナック類をご馳走になりました。サクサクと美味しかったです~

産地担当者が調査した宇都宮営業所管内の生産者の不良率ランクのグラフ等を見ました。我が生産グループは不良率10%未満でランクも13位でした。ただ他と違うのは打撲の多いこと。今年はこの打撲を減らすことを目標にしなくては・・と思いました。

私達が帰るとき、ちょうど三交代の時間でこれから現場に向かうのであろう従業員の方々が通路で体操をしていました。軽く会釈したら「おはようございま~す」といわれました。そうか、この人達には今が朝なんですね~~

|

« 結婚記念日 | トップページ | White Nights »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラインに流れてたのは自分たちの生産したジャガイモではないのですね。って、まだ収穫前か!!
ポテチが個人的に滋賀の工場にお邪魔したときは、「午後3時から流れる事になってます。」と言われました。
その前に工場を一巡したのですが、その時の原料はかなり悪くて、トリミングラインには大勢がたかっていましたがそれでも処理しきれない雰囲気。で、問題の午後3時以降。凄いのを見せられたので、内心どきどき物ですよ。行ってみるとトリミングの所には1人いるだけ。ホッとしましたよ(^_^)
原料の良し悪しが製品に直接結びつく場面をまざまざと見せつけられました。

投稿: ポテトチップ | 2006年6月21日 (水) 06時19分

会社の人にも言われました。ほんとは自分たちのイモが流れるのを見るといいんだけどねって。でも府県ものは貯蔵できないので収穫と同時に製造加工にまわりますからね。その頃はみんな汗だくでやってるからムリだよね、とも言われました。
でも直前にスゴイの見ちゃうと自分とこの見てるのもそうなるとドキドキもんですね。
ま、ポテチさんは優良クラスですからそれは大丈夫ですよ~
滋賀はちゃんと見学コ-スが出来てるんでしたっけ?

先日の研修ではこんな異物もありましたという画像見てびっくりです。大きな包丁や木槌なんてどうやったら入るの?と・・なかには財布が入ってて免許証もあったので犯人バレバレだったとか・・

投稿: 亜季良 | 2006年6月21日 (水) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポテトチップス工場見学:

« 結婚記念日 | トップページ | White Nights »